2012年02月26日

花子2012で、簡単な作図をする。

題材は簡単ではないのですが...
取っつきにくい印象の花子ですが、実は慣れればスゴイぞというのをお見せしたいと思います。
今日は、マルチコンテンツウィンドウ作図シートをフル活用しました。

算数の問題を作る



F2やF6といっているのは、ファンクションキーのことです。


作るのにすごく時間かかった。
Youtubeのアカウントを作ったので、今後はそこにアップしていきます。
ちょっと画質が悪いけど見えますか?
posted by Mokusei at 23:45| Comment(0) | 花子

2012年02月15日

花子2012を触ってみた。(2)

引き続きいきます。
小ネタ集みたいな感じですが。

グラデーションのフローチャート
以下のようなフローチャートを作ります。
スクリーンショット(2012-02-15 0.19.38).png




まず、以下の2つの図形を作ります。
スクリーンショット(2012-02-15 0.19.41).png


基本図形というシートにある長方形を二つ貼ればいいですね。描かなくて良いので楽です。
スクリーンショット(2012-02-15 0.16.41).png

おなじみ(?)のクイックスタイルパレットを使って色をつけました。

この2つを少し離して配置して、変形(M)>ブレンド(B)を実行しました。繰り返し回数は、2回です。
すると中間調の図形ができますね。適当に影をつけます。

影だけをコピーするのはスポイトでも無理なのでできません。なので、元々の図形のドロップシャドウの値を覚えて手入力しました。


図形4つの左端をそろえて、コネクタでつなげばあっという間にきれいなフローチャートができました。
コネクタはここにありますよ。画面左です。
スクリーンショット(2012-02-15 0.27.26).png


カラースキーマを使えば、下のように
きれいな色使いのものが量産できますね。
左上のものは、塗りなしにして、線を太くしたものなのでカラースキーマは使っていません。
スクリーンショット(2012-02-15 0.25.03).png
posted by Mokusei at 00:27| Comment(2) | 花子

花子2012を触ってみた。

どうもご無沙汰しています。
ちょっとだけ触ってみました。

クイックスタイル
↓これです。いろんなパターンから、図形に色をつけられる機能のようですね。
自分で登録する機能は無いみたい。残念..ですが結構遊べるのでそこまで残念じゃないかも。
スクリーンショット(2012-02-14 23.45.13).png

こんな図を作ってみました。
確か徳島県ってココでしたよね?GoogleMapで調べましたよ...。
スクリーンショット(2012-02-14 23.47.28).png


まず、部品を貼ります。
「あれ?さっきのはどの部品だったかな?」と思ったアナタはこれを見ましょう。
スクリーンショット(2012-02-14 23.52.08).png
○で囲っているところを押すとメニューが出てきて、そこから辿れました。
この四国は、(10) にある日本_白地図というところにありました。

部品を貼って、いろいろ遊んでみました。
四国などの地図はグループ化されていますが、図形の中を2回クリックすると中の図形を個別に選択できるようになります。それを利用して、色を塗り分けています。
スクリーンショット(2012-02-14 23.57.12).png


次に、「Tokushima」を作ります。
さっきの履歴のところにある「タイトル枠3」を探して表示します。
適当に選んで貼り付けて、コネクタを徳島につなげます。


スクリーンショット(2012-02-15 0.03.18).png
こんな感じでもいいですね。高知につながってます。
コネクタは便利なのですが、自動で線を作ってしまうので、その線が気に入らない場合は接続させる場所を微調整したりしないといけないのが面倒ですね。
※ここでは説明を割愛します。


最後にキャッチコピー「花子のふるさと、徳島県。」をヒラギノを使って書いて、おしまい!
スクリーンショット(2012-02-14 23.47.28).png



あっ鳴門といえば渦巻き!と安直な思いつきがあったので、部品から渦巻きを探して貼ってます。
posted by Mokusei at 00:07| Comment(0) | 花子

2012年02月11日

花子2012!

発売。

しかし仕事で受け取れず。。土日も忙しい...。。
来週中にはちょっと触りたいです。Twitterでは一太郎は評判良さそうだけど花子は??どうでしょう。
posted by Mokusei at 01:42| Comment(3) | 日記

2011年12月19日

アルファチャンネルと花子

本日は、花子フォトレタッチを使ってアルファチャンネル(半透明の情報)を持っているPNGを作成する方法でも説明しましょう。花子2011で作成していますので、もしかしたら古い花子では出来ないかも。

注意
このやり方はではあまりきれいな半透明の影はできません。濃い図形の上にこのPNGを置くと不自然になってしまいます。
もっと良い方法があれば教えてくださいね。



まず、円を2つ重ねて月を作りましょう。
図形加工ー重なりを除外を実行して、
必要な部分だけを残してあとを削除してしまえばすぐ出来ますね。

スクリーンショット(2011-12-18 23.50.00).png
スクリーンショット(2011-12-19 0.17.53).png

スクリーンショット(2011-12-19 0.18.11).png


では、この図形にドロップシャドウをつけてみましょう。
図形効果ですね。


まず、これをPNG形式で保存します。
図形を選択して、ファイルー他形式の保存/開くー画像・イメージデータで保存を実行します。
スクリーンショット(2011-12-19 0.20.51).png

マスクで保存にもチェックを入れてください。
スクリーンショット(2011-12-18 23.57.03).png

次に、以下のように黒く塗りつぶした月も同様に保存してください。
このとき、ドロップシャドウの設定で透明度を0%にしておくと、よりクッキリ影が出るようになります。
スクリーンショット(2011-12-19 0.00.11).png



そのあと、これを画像枠で挿入します。
挿入ー画像枠ー一覧を開くを実行して、さっき保存したファイルを花子に挿入します。

スクリーンショット(2011-12-19 0.20.12).png

それをダブルクリックして、花子フォトレタッチを立ち上げます。
マスク1を右クリックしてマスク 別ウィンドウで編集を実行します。
スクリーンショット(2011-12-19 0.09.57).png

レイヤーウィンドウが出てない場合は、表示ーレイヤーウィンドウをONにして下さい。

そして、真っ黒の月を読み込んでください。それを全選択して、コピーします。
そして、先ほど開いたマスクのウィンドウにペーストし、×をクリックしてウィンドウを消します。変更してるけどいいか?というメッセージが出るので、"はい" をクリックします。

月のウィンドウをクリックして全面に出し、レイヤウィンドウーマスク1を右クリックして、マスク 反転を実行します。
反転前のマスク(ペーストした直後ですね)は以下のようになるはずです。
スクリーンショット(2011-12-19 0.26.49).png


確認します。
スクリーンショット(2011-12-19 0.24.27).png

スクリーンショット(2011-12-19 0.15.22).png

花子フォトレタッチを終了すると、影部分が半透明になっているのが分かります。
マスクは、白なら不透明黒なら透明という決まりにしたがって作成されます。

スクリーンショット(2011-12-19 0.29.05).png
posted by Mokusei at 00:30| Comment(4) | 花子

2011年12月11日

花子2012

ご無沙汰しています。

photo_package.jpg

花子2012、発表されました。
今年もあってよかったです。

マルチコンテンツウィンドウというのが目玉?になるのかな?
実際使ってみないと分かりませんが、今までの花子とは少し変わってしまったのでしょうか。
1から描くより、最初からあるオートシェイプみたいなものを図面に入れていくイメージでしょうか。
初心者には敷居が低くなって、すごくよさそうです。
予想通りに使い勝手が良くなってれば良いのですが...入手して確かめるしかないですね。

クイックスタイルパレットも、
今までのくそめんどくさかった色の設定が少しでも楽になるなら大歓迎!実際どういう機能になってるかは分かりませんが、以下の動画を見る限りでは期待して良さそうです。

あとは、なにげに注目しているのがアンチエイリアス表示の改善です。
図形がぼやけて表示されるのが気になっていましたが、良くなるのを期待です。


動画
2012では、動画がついてました。
こんな風に操作するんだよーというヤツです。なかなかおもしろい!
こういう説明方法って説得力があるな...と感心しました。
花あそびでも、やってみたいなあ。どうやるのかから調べないといけないけど...。

ちなみにこんな動画でした。


花子2012の製品情報
posted by Mokusei at 00:39| Comment(4) | 花子

2011年10月04日

しばらくご無沙汰

でした。

いろいろ忙しくて。
でも忘れた訳じゃあないですよ。
先月も、1000件を超えるアクセスありがとうございます。

まだまだ忙しいのでなかなか更新できませんが、よろしくお願いします。
posted by Mokusei at 23:37| Comment(0) | 花子

2011年10月03日

田辺誠一さんが見たカッコイイ犬

Twitterで有名ですね。
田辺さんの、かっこいいイヌ。
スクリーンショット(2011-10-03 22.41.02).png

透過してトレーシング編集で、なぞっただけですが。
こーいう丸いベジェや軌跡を描くには、以下の設定にするのがおすすめです。
スクリーンショット(2011-10-03 22.47.40).png

なぞった際に、優しい気持ちになるとよりグッドです。
ベジェや軌跡で線を閉じたいときは、Ctrlキーを押すとよいです。押して、そのままさらにドラッグすれば閉じたときの線の形状を変更できます。ちょっと難しいですけどね。
posted by Mokusei at 22:50| Comment(0) | 日記

2011年08月01日

よく見られている記事

「花子の基本的な使い方」でした。

今見返すと微妙な手抜き感があるので、書き直そうと思います。
なかなか時間取れないのが辛いところです。
posted by Mokusei at 22:58| Comment(0) | 日記

2011年07月24日

グラデーションの不思議な使い方

本日はグラデーションです。

プレゼン資料などでかっこいいアイコンとかを作りたい時があったりなかったりしますね。
流れ図もありますね。そんなときにちょっとだけ使えるかもしれない?話です。
レイヤーなんてなくてもどうにかなるさ。工夫次第で!

グラデーション作成方法
図形を選択し、右クリック>図形属性(線と塗りの色)...を実行します。

すると以下のダイアログが開きます。「塗り」タブにしてください。

スクリーンショット(2011-07-24 20.18.15).png


そこで、塗り方を右端のグラデーションボタンを押して変更し、塗り指定を変更していきます。

塗りの色は4つ作成します。配置は、0、49、50、100です。
0は明るい色
49は少し暗い色
50と100はもう少しくらい色(両方同じ色)

で作成します。
間違って配置した場合は、▼ボタンを右クリックすると削除できます。
細かくて難しいのですが、▼ボタンをドラッグすると位置を移動できます。

するときれいなグラデーションが出来ます。
さらに、線種は実線、線幅は1.0mmにして少し濃いめに色をつけてみるとさらにグレードアップ!


図形効果の反射をつけました。

スクリーンショット(2011-07-24 20.10.51).png

例2
三角形にしました。線は、線幅を少し太くして色を白にしてあります。

スクリーンショット(2011-07-24 20.34.17).png


0、49の色を同じ色にするとマットなイメージになります。
これもきれいですね。
スクリーンショット(2011-07-24 20.42.28).png
posted by Mokusei at 20:43| Comment(0) | 日記